イケメン好きが極まりすぎてホストオタクだった頃のムダ知識&思い出

ボイメンの前身、イケメン☆ナゴヤ時代に、何十人ものメンバーが所属していて、その中に元ホストという方がいました。

その方は名古屋の中ではカリスマホストとしてメディアに出ている人で、東京でいうと城咲仁さんとか頼朝さんみたいな扱いの人だったから、イケメン☆ナゴヤに入ったと知った時はめっちゃびっくりしました。その時点でその方はたぶんアラサーだったと思います。

イケメン☆ナゴヤの記憶はうっすらあるのです(笑)今思えばもったいないことをしていました。

 

ボイメンが世に出てくる頃にはその方はもう居なくなっていて、『ああ、辞めたんだー』くらいにしか思っていなかったのですが、産休中にドラマ『信長協奏曲』にハマり毎日再放送を見ていたところ…

その方が家来役で出とるやないかい!

2度目のびっくりΣ(OωO )

慌ててググると、改名して俳優になられたみたいで、昔のボイメンブログに俊くんと並んで写っていたのが出てきた。

3度目のびっくりΣ(OωO )

世の中狭いというか、いろんなことがつながっているんだなーとしみじみ思う懐古厨でした。

初めてのライブ 2017.8.5 センチュリーホール

色々書きながらも自分の語彙力の無さに愕然としがちです(´・ω・`) 書いている時間はほぼ赤子が寝てるか授乳中なので、文体がいきなり変わったら、あ今赤子起きてテンパってるかなと思っていただければ幸いです。

 

さて、前回ライブと呼ばれる行事に参加したのは、妊娠・出産前のことなので、思い返すと2016年のB’z稲葉さんソロ以来となる。

センチュリーホールとなると、ずいぶん昔のミッチー王子こと及川光博さんのライブ以来のような気がする…まだ王子名乗ってて、ポンポン持ち込みOKで(笑)、ウエディングドレス着て来た客が居て『ミッチーは異次元だな』と思った記憶がある。あとは仕事で行ったことのあるセンチュリーホール。あらためて行ってみると金山総合駅から地下鉄で1駅なのでかなりアクセスが良い(^^)

 

ボイメン関係で仲良くなった人はまだ居なくて、また仲良くなったとしても、家庭の都合(子どもの急な発熱とか)で予定がキャンセルになる可能性も抱えている私は1人の方が誰にも迷惑をかけないので気分的に楽だった。

 

おそるおそる会場へ向かい、一般で取ったチケットを、ホール窓口で受け取る。やはり…イベンターは強い(ごくり)。

 

そうそう、入場時に荷物チェックがなくて驚いた。まあ特典会のためにカメラ持ってきている人もいるからそうなるのかな。

 

ライブにつきもののグッズ販売はなくて、帆を上げろのCDのみの販売で、特典会ありでしたが、時間の都合上見送り。

 

ドキドキしながら席に着く…明らかにココは関係者席でしょー?!と悟った2階最前列センター。帝国劇場なら光一様がフライングで飛んでくるに違いない。帝国劇場ならデヴィ夫人が隣に座ってもおかしくない。

しかも妖怪イスくれババアにはありがたい着席指定。

 

座った私はふと考えた。

『周りの皆さまはボイメンちゃんのリアルご家族様なのでしょうか?それとも業界の方なのでしょうか?そこで超絶クソ新規ババアがペンライト振り回したら、浮きまくって死にたくなるのでは…?』

 

とりあえずスンとした顔でペンライトは持っていません…というフリをして、フライヤーを読みふけっておりました(そこでdoaライブのお知らせを目にしてたまげる)。

 

開始時間が近づくにつれ、周りの皆さまがペンライトを準備しだした。ホッとして私もおずおずとキンブレを取り出す。

 

最前列の手すりにマフラータオルを干すのはデフォルトなんでしょうか?落ちそうで怖いです(´・ω・`)

 

しかし、私の隣2席がずっと空いている…絶対関係者やん…怖い…誰か来てー!…てか、オカリナちゃんだったら嬉しいな( ^ω^ )←

隣が気になって仕方がないミーハーおばさん(つまり私)。

 

暗くなっていつもの音楽(語彙力)がかかるシステムはボイメンちゃんだけなの?他でもそう?新鮮なシステムだなあ。

 

前のめりからだったからホッとした記憶。

 

暗くなってしばらくしてから、隣に人がキター(;´д`) 男性2人で、最初は社長が見に来たのかな?ジャニーさん方式で?と思った(笑)。もしくはスポンサー様かなぁ?全力の横目を駆使して社長ではないことを確認。なんか見たことある方だなぁ…(!)…((((;゚Д゚)))))))…し っ て る…。

 

ただでさえ興奮ぎみなのにさらに動揺した。

 

あの方だ…!

(すいませんもうお一方は確信が持てないのですが写真は見たことあるので事務所関係かなと思います)

 

動揺が続く中、『長良川がなんとか〜♪』と聞こえた気がして、『あぁ、ご当地ソングとかあるんだな〜知らなかったな〜』と思っていたら、まさかの『サワディ音頭』www ご当地ソングだけども!タイかよ!すごいなボイメン!

 

普段『ウルトラソウル!どかーん!』みたいなライブばっかり行ってる(笑)ので、『画面に歌詞の字幕を付けたから、セット(にかけるお金)がなくなった』ってのが衝撃的でした…。ボイメンは私の中ではすでにアリーナクラスの遠い存在なので、本当〜に何もないセット、そこでただひたすら踊り、歌いまくる姿は尊いそのものでした。それでもライブとして成立するところがすごいです。いやそれが本来の姿なのか?そういうことか。

 

あと『帆を上げろ!』を2回歌ったのも衝撃的でした…。持ち歌がないわけじゃないのに(笑)、『おかわりだよ〜』と言ってましたが、私の参加した今までのライブの常識を覆すというか、超えるというか、ジャンルが違うというか、斬新でした。確かに何回聞いても楽しく歌える曲だけれどもさ(笑)!

 

座りながら楽しく見させていただいた初ライブで、客席をメンバーが回る時がありました。キョロキョロしてたからじっくりは見てないけど、見た限りは席移動してなくてボイファミさんは本当にスゴイな〜!と思った。ジャニヲタが酷すぎるのかな。関ジャニ∞カンフーツアーで、スタンド上部でトロッコが来て、周りがほとんど居なくなって私と妹だけポツーンとなっていたら、にっきどさんがファンサをくれたっていう思い出…(大倉担とすばる担なのに)その時の悲しそうな顔を忘れない。

 

そんな懐古をしていたら、ボール投げ込みが始まった。まさるさんのボールが飛んで来て、立っていたら取れたかもしれないけど着席していたら手に少し当たってどこかへ行ってしまったorz

あとは2階まで届く豪腕を見せるメンバーは居なさそうな球威だったので、そのまま座ってキョロキョロ眺めていたら、辻ちゃんが投げたボールが一直線に関係者さんのところへ飛んでいき、他の誰の人の手にも触れることがなく、スポッとキャッチされた。

 

わースゴイ!2階まで届いた!と思っていたら、その方が少しボールを眺め、私の方を向いて、『どうぞ』と仰った。

 

…!…

 

 

『え!あああありがとうございます!』

戸惑いながらも受け取る手を差し出してしまうどうしようもないオタク(私)。

 

ふがー!どうしよう!辻ちゃん!私もらってしまったよ!

 

大したお礼も言えないまま、帰られてしまった。

 

1人参加のため、この気持ちを話せる人もいない。

 

とりあえずボールをカバンにしまって、大事に持ち帰ったのですが、おかげで電車を乗り間違え、全然別の路線に乗ってしまい、途中で気づいたから良かったけどとんでもないところへ行ってしまうところでした(ただのミス)。

 

どうにかしてこの気持ちを伝えたい!一言お礼が言いたい!

でも人間違いしていたらどうしよう?

モヤモヤとしながらもTwitterからお礼を言いました。ボールをくれた方ならわかるはず!と思いながら。

そしたら合ってましたヽ(´∀`)ノ驚かれたけど、楽しかったと仰られてて嬉しかったです。失礼のないようにしようとするあまり、『ボイメンをよろしくお願い申し上げます』的なおばあちゃんリプをしてしまった(*´_ゝ`)

 

そして辻ちゃんにも最後のボイザニアで伝えることができた。

『へーそうなのありがとう』と言われることを予想していたら、まさかの『あー!聞いた聞いた〜!』と言われて、『んえあ?聞いたの?』と変な声を出してしまい、逆に私が驚かされた(失態)。

 

ともかく大事にうちに保管しておきますからね!

 

やっと完結しました…。

 

初めてのボイワ

ボイワって何だろう〜?ソロコンみたいなもの?ペンラは要るの?座って見るの?それとも立つの?

 

疑問は何ひとつ解消されないまま、水野ボイワが当たりました。

後列の端の席が当たり、ガッツポーズしました(かなり小心者)。

 

とりあえず&念のためにキンブレを購入してみました。

人生初ペンライト(ジャニ以外)\(^^)/

 

映画館・ミッドランドスクエアシネマ2(この2が大事)で水曜日か木曜日の夜にあるボイワ。シンフォニー豊田ビルとセンチュリー豊田ビルを間違えやすいボイワ。チケット・身分証確認が厳しいボイワ。

 

その日はちょうど『帆を上げろ』の発売日で、他のメンバーはアスナル金山でイベントをやっていました。

 

ステージの上には、スクリーンと長机とパイプ椅子のみ。

 

 

ドキドキしながら座っていると、最後列の後ろのドアから、海学ランのまさるさんが『はいどーもー』と言いながら降りてきました。

 

ジャニヲタなら『ウギャアアアアア』みたいな騒ぎになりそうですが、ならない。『…!…』みたいな感じで驚きながら観客拍手。

 

舞台上の椅子に着席したところで水野ボイワスタート。『水野の部屋に来たつもりでリラックスして見て』と言われたものの逆に無理やわ!とツッコミを心の中で入れました。

 

撮りためた動画を何本か流しつつ、フリートーク、質問コーナーがありました。

 

・つじちゃんがハンバーグ屋さんで、運ばれて来た鉄板を素手で触ってしまい、店員さんが持ってきてくれたコップの水に指を突っ込んで冷やす

↑コレ1番笑ったwww行ったことあるお店だったからすぐわかった(^^)

 

・楽屋で出番待ちの時に寝ている勇翔さん。起こされた時の目がフニャフニャしてるのが、マジ寝だなwww

 

・お尻が破れた土田さん。ボイメンの中ではボイワのことを『シネコン』って言うことがわかった。

 

・ビーズクッションを被せられ、上から押さえつけられる吉原さん。

 

・お風呂に入りたくないチャムちゃん

 

・じゃーがりーこ、じゃーがりーこ、じゃがりこじゃがりこ…のリズムでじゃがりこを食べる勇翔さん。

 

他にもあったと思うけど( ˙-˙ )

 

質問コーナーで手を挙げられるはずもなく、いろいろな質問をほぅほぅと聞く係でした。『お経を唱えてほしい』で一節唱えてくれたとこが面白かった『壺とか売りませんから!』ってwww

あと、『名古屋市以外で好きな市は?』もおもしろい質問だった(A→東海市)。

 

質問コーナーの途中で、オリコンデイリーの速報が電話で入り、会場みんなで聞くことになりました。アスナル金山と同時のようでした。

電話の音が聞き取りづらく、誰が話しているのかわからないくらいで、まさるさんも『誰?メンバー?社長?』と聞き返したりしていました。

そのせいで、デイリー2位と言われても、実感があまりなくて、後からじわじわと本当に2位だったんだ…沈…といった会場の様子でした。

 

歌を歌うとか、踊るとかはなくて、動画もまさるさんが撮るから、本人はあまり映ってなくて、水野ボイワとはいつもそんなものなのかも知れませんが、少し残念な気持ちもありましたが、ゆったりまったり感は嫌いじゃないです。

 

ボイワの後、ツーショありでした(帆を上げろ物販)。今回、高画質で撮りたくてデジカメにしました(笑)

 

ステージに上がって客席の方を向くのが死にたすぎるけど、もうそれを考えるヒマも心の余裕もないwww

 

今回のポーズが、『何が起きたって離すんじゃねえ♪』のポーズで、腕を掴んでもよし、掴まれてもよし(選べる)でした。

 

わい『マル秘で〜』

金『どっちにする?』

わい『掴んで〜』

金『よし』

\パシャ/

わい『あのハンバーグ屋さん行ったことあります(^^)』←相変わらず唐突に言いたいことを言う芸人

金『あるー?!うまいよねー!◯◯(店名)』

\お時間です/

わい(こくこく頷く)そして剥がしが怖くて離れる。『ありがとう』か『おいしいよね』って言ったような。

金『(なんか言ってるけど離れなきゃという焦りとパニックで覚えてない)』

けっこう距離が離れた私に向かって、

金『(鉄板熱いから)気をつけてー!!』

わい(半笑いでこくこく頷く)

 

語彙力がないので、うまい返しがとっさに出てこないのがとても残念な私(´Д` )

 

『気をつけてー!』がけっこう大きな声で声をかけてくれたので、列に並んでいる人たちが、一斉にこちらを向いて怖かった(自意識過剰かもしれない)。

 

ハンバーグ屋さんは、『裸の少年』で中丸&田中が行ったお店で、ロケ地巡りしたくて行ったことがあるのですぐにわかりました(ジャニオタ無駄知識)。

 

シネコンは写真撮影には適していないことがわかりました。暗いし、変な影が顔にかかったりして、うまく撮れにくいです。

 

しかも手首を掴まれているからか、反射的に自分の身体を遠ざけているというか、ちょっと仰け反り気味で、隣に並ぶのは嬉しいけど、近づくのは畏れ多いという私の心情がまざまざと写真に収められていました(反省)。

 

初のボイワは無事に終わりました(ふぅー)。

また一つ経験値を積みました。

 

ボイワ、他のメンバーはどんな感じなんだろう…とりあえず『愛を込めてつっちーだっ』がやりたい←

 

本当は何ヶ月も土田ワールドに行こうか迷って迷ってやめている(爆)

 

次こそ行こう(謎の決意)。

 

初めての握手会 その3 at モレラ岐阜

CDの買い方がよくわからず、結局2枚で終わった第1部。一回の会計は2枚までで、会計後に並び直せば追加できるということみたい…という事後理解w

 

第1部で帰る予定が、妹が来てくれるために第2部まで待つことに。

 

握手を終えて、モレラの中でボヤーッとしていたら、第1部が終わった俊くんとつーじーが実に普通に歩いて来たwww

誰も追いかけて来ないし、誰も待ち伏せてもいないwww

とりあえず私は手を振ってみたwww

俊くんの視界には入っていなかったが、つーじーは首をちょこんと傾げてニッコリと笑ってくれた\(^^)/

 

え、つーじー推すー(´∀`)♡

軽率に積みたくなった…けどなっただけ←

 

第2部は、妹がゆーちゃむに行くというので、付き添って1枚だけ行きました。

 

わい「えーと、多治見のSweets by NAKED行ってきたよー(^^)」

※東京で開催されたイベントがなぜか岐阜で開催されている。ゆーちゃむの作ったスイーツが展示されている。

 

黄緑「あ、ホント〜?!ありがとう〜!」

 

わい「かわいくて花とか綺麗だったよ〜」

 

黄緑「うんうん」

 

わい「…(以上です)…」まだ時間あるから焦る((((;゚Д゚)))))))

 

黄緑「またこれからもいろんなおもしろいことしていくからね!応援してね!」

 

わい「うんうん!ありがとう」

 

黄緑「またね!」

 

ゆーちゃむも「またね!」を私の子に向けて言ってくれました(´∀`)

 

若干お顔がお疲れぎみで、目のクマとか少々心配になるほどでした。

 

握手を両手で包むようにしてくれて、その手が意外と大きいのでドキドキしました(´∀`) めっちゃ男性っぽい手でした…(´∀`)

 

何にもわからない身で参加した握手会でしたが、無事に終えることができました。ありがとうございました。次はもっとピクレメインで行く所存でございます。

 

とりあえず私は一個ずつ経験値を積んでゆくスタイルがちょうど良いのかもしれない。

 

というわけで、次はボイワとライブに行ってみたいな〜と思うようになりました(そして根回しを始める)。

 

 

 

 

初めての握手会 その2 at モレラ岐阜

1回目の握手から無事に生還した私は、ループに挑みました。

 

ちょっと(だいぶ?かなり?)浮かれていました。

 

浮かれていたからか、待機列の入口あたりにいた人(並んでいるのかどうか微妙な位置に立ってる、若者ではない)に、軽率に『並んでますか?』と聞いたら、

『ます』くらいで、食いぎみに

『並んでません!』

とキツく言われて、浮かれ気分が粉々に破壊されました。

 

えー?!何もそんな食いぎみに言わなくても(;´д`)

紛らわしいのユーじゃない?

 

私が新規だから?←違

私はまだファミリーには入れないのか←

 

しかし平常心を取り戻せて良かったのではないかと思う(ちょっとポジティブ)

 

順番はすぐに回ってきた。

 

わい『料理は何が難しかったの?』←唐突に聞きたいことを聞く

金『全部!あーやっぱ包丁!』

わい『包丁』

金『精進料理だから〜(若干ドヤ顔)持ち方とかも全然違う!』

わい『そっか〜』

金『(何か言ってたけど聞き取れない)お楽しみにね!』(顔が近い)

 

平静を装いながらも、話は半分くらいしか頭に入ってこなかった。

 

…と言うのも、握手した私の右手甲をペチペチと軽く叩きながら、話されまして…(/−\)

 

 

 

ん?なにこのスキンシップ?触れ合いすぎΣ(OωO )と思いながらも、

 

習ったことを早速披露したいみが溢れているドヤりぶりが、なんだか可愛いな〜(^^)と思いながら、聞いていました。

 

書きながら、リアコ枠ではないと思えてきた。なんだろう…自慢の甥っ子を可愛がる叔母?そんな感じかな?またこれから変わるかも!自分でもよくわからない!以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての握手会 at モレラ岐阜

相変わらずライブに行くのは気が引けて(赤子のお世話もあり)、47都道府県ツアー、ボイワ、コラボイメンなどには不参加、『帆を上げろ』のリリースはその前後だったのかどうかもはや記憶にもないポンコツぶりですが、リリイベが勝手知ったるモレラ岐阜であると知り、しかもライブがない握手会のみと知って、『行く〜(^^)!』となったチョロオタです。あれ、ツーショじゃないと行かないつもりだったのでは…だって、握手もしたいやん〜という訳で再び根回し(子のお世話とか)。

 

行くことは軽率に決めるわりに、前日あたりから『やっぱ私なんて行かない方が良いのでは』『推しの視界に入るなんてムリ』頭痛が…胃痛が…吐き気が…と自分で体調を追い込む始末。

 

ぼっちでもわりと大丈夫マンなのですが、オタクの先輩、我が妹に一応『モレラで握手会あるよ〜あんたの好きなゆーちゃむがくるよ〜』とアピりました。

妹も子持ちなので、お知らせ程度にしておきましたが、なんと朝一でモレラに来てくれてたwwwなのに場所がわからず、一回帰宅したwww ライン入ってたけど私は運転中www

 

ドタバタを繰り広げながらも、モレラのイベントスペースに着きました。ショッピングモールのメインの通りからは外れていて、一般人の目につきにくく、冷房も効いていて最高の環境(^^)

 

相変わらずの挙動不審ぶりでCD予約列に並び、特典券は口が勝手に『水野2枚で。』と宣っておりました。

 

時間になって、Tシャツ姿のメンバーが普通に歩いてご登場。なんか挨拶してるけど後ろのほうだから聞き取れない(´ω`)

 

自分の順番が来るまでは、『あ〜なんで来てしまったんだろう〜怖いよ〜目を合わせたくないよ〜』という矛盾を抱えながら、話したいことを想像しつつ、ドキドキ緊張しておりました。

 

わい『Abema TV見ました〜』

金『おーありがとう〜』

言葉だけかと思ったら、なんと、

金『これやろ?』

と言いながら、催眠術の場面を実際にやってくれたのです。

わい『目がwww目がwww(爆笑)演技じゃない?』

金『演技じゃないよ、マジマジ!』

わい『www』

金『また出るからね、期待しててね(って言ってたような気がするが、笑いすぎて覚えてない)、またね!』

わい『ありがとう』

 

つい口が滑って『演技じゃない?』なんて失礼なことを言ってしまったのですが、とってもご機嫌が麗しいようで、ノリノリでした、セーフ!

 

そして『またね!』を私の子に向けて言ってくれたのです!

都合上、預けることができなく、周りに迷惑をかけないように、そればかり心配して、勝手に子どもは苦手かな〜なんて思っていたので、その優しい口調にまた(*´д`*)となりました。

 

こうして初握手はとても楽しく終えることができました。

 

 

 

 

初めてのツーショ撮影を終えて

修羅リエで嫌な思いをすることもなく、塩対応にあうこともなく、新規だからと虐げられることもなく←、オマケ的に小林王子・田村王子まで見えて(少し遠くに田中王子も見えた)

\行って良かった/

しかなかったです。

 

水野王子…顔の圧が強い。本当に強い。パーツ全部が強い。目が合っただけで瞬時に目を逸らしたくなる。顔が小さいのにあの圧はどこから出ているんだろう。

 

自分の今までのタイプとして、薄い顔が好きなはず【好きな俳優はダントツで長谷川博己】【綾野剛も好き】なのに、不思議だ…。

 

『カッコイイ〜キャーキャー♡』じゃない何か惹かれるものがあるんだろうと思う…たぶん。

 

とりとめもない話ですみません。