初めての握手会 その2 at モレラ岐阜

1回目の握手から無事に生還した私は、ループに挑みました。

 

ちょっと(だいぶ?かなり?)浮かれていました。

 

浮かれていたからか、待機列の入口あたりにいた人(並んでいるのかどうか微妙な位置に立ってる、若者ではない)に、軽率に『並んでますか?』と聞いたら、

『ます』くらいで、食いぎみに

『並んでません!』

とキツく言われて、浮かれ気分が粉々に破壊されました。

 

えー?!何もそんな食いぎみに言わなくても(;´д`)

紛らわしいのユーじゃない?

 

私が新規だから?←違

私はまだファミリーには入れないのか←

 

しかし平常心を取り戻せて良かったのではないかと思う(ちょっとポジティブ)

 

順番はすぐに回ってきた。

 

わい『料理は何が難しかったの?』←唐突に聞きたいことを聞く

金『全部!あーやっぱ包丁!』

わい『包丁』

金『精進料理だから〜(若干ドヤ顔)持ち方とかも全然違う!』

わい『そっか〜』

金『(何か言ってたけど聞き取れない)お楽しみにね!』(顔が近い)

 

平静を装いながらも、話は半分くらいしか頭に入ってこなかった。

 

…と言うのも、握手した私の右手甲をペチペチと軽く叩きながら、話されまして…(/−\)

 

 

 

ん?なにこのスキンシップ?触れ合いすぎΣ(OωO )と思いながらも、

 

習ったことを早速披露したいみが溢れているドヤりぶりが、なんだか可愛いな〜(^^)と思いながら、聞いていました。

 

書きながら、リアコ枠ではないと思えてきた。なんだろう…自慢の甥っ子を可愛がる叔母?そんな感じかな?またこれから変わるかも!自分でもよくわからない!以上!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての握手会 at モレラ岐阜

相変わらずライブに行くのは気が引けて(赤子のお世話もあり)、47都道府県ツアー、ボイワ、コラボイメンなどには不参加、『帆を上げろ』のリリースはその前後だったのかどうかもはや記憶にもないポンコツぶりですが、リリイベが勝手知ったるモレラ岐阜であると知り、しかもライブがない握手会のみと知って、『行く〜(^^)!』となったチョロオタです。あれ、ツーショじゃないと行かないつもりだったのでは…だって、握手もしたいやん〜という訳で再び根回し(子のお世話とか)。

 

行くことは軽率に決めるわりに、前日あたりから『やっぱ私なんて行かない方が良いのでは』『推しの視界に入るなんてムリ』頭痛が…胃痛が…吐き気が…と自分で体調を追い込む始末。

 

ぼっちでもわりと大丈夫マンなのですが、オタクの先輩、我が妹に一応『モレラで握手会あるよ〜あんたの好きなゆーちゃむがくるよ〜』とアピりました。

妹も子持ちなので、お知らせ程度にしておきましたが、なんと朝一でモレラに来てくれてたwwwなのに場所がわからず、一回帰宅したwww ライン入ってたけど私は運転中www

 

ドタバタを繰り広げながらも、モレラのイベントスペースに着きました。ショッピングモールのメインの通りからは外れていて、一般人の目につきにくく、冷房も効いていて最高の環境(^^)

 

相変わらずの挙動不審ぶりでCD予約列に並び、特典券は口が勝手に『水野2枚で。』と宣っておりました。

 

時間になって、Tシャツ姿のメンバーが普通に歩いてご登場。なんか挨拶してるけど後ろのほうだから聞き取れない(´ω`)

 

自分の順番が来るまでは、『あ〜なんで来てしまったんだろう〜怖いよ〜目を合わせたくないよ〜』という矛盾を抱えながら、話したいことを想像しつつ、ドキドキ緊張しておりました。

 

わい『Abema TV見ました〜』

金『おーありがとう〜』

言葉だけかと思ったら、なんと、

金『これやろ?』

と言いながら、催眠術の場面を実際にやってくれたのです。

わい『目がwww目がwww(爆笑)演技じゃない?』

金『演技じゃないよ、マジマジ!』

わい『www』

金『また出るからね、期待しててね(って言ってたような気がするが、笑いすぎて覚えてない)、またね!』

わい『ありがとう』

 

つい口が滑って『演技じゃない?』なんて失礼なことを言ってしまったのですが、とってもご機嫌が麗しいようで、ノリノリでした、セーフ!

 

そして『またね!』を私の子に向けて言ってくれたのです!

都合上、預けることができなく、周りに迷惑をかけないように、そればかり心配して、勝手に子どもは苦手かな〜なんて思っていたので、その優しい口調にまた(*´д`*)となりました。

 

こうして初握手はとても楽しく終えることができました。

 

 

 

 

初めてのツーショ撮影を終えて

修羅リエで嫌な思いをすることもなく、塩対応にあうこともなく、新規だからと虐げられることもなく←、オマケ的に小林王子・田村王子まで見えて(少し遠くに田中王子も見えた)

\行って良かった/

しかなかったです。

 

水野王子…顔の圧が強い。本当に強い。パーツ全部が強い。目が合っただけで瞬時に目を逸らしたくなる。顔が小さいのにあの圧はどこから出ているんだろう。

 

自分の今までのタイプとして、薄い顔が好きなはず【好きな俳優はダントツで長谷川博己】【綾野剛も好き】なのに、不思議だ…。

 

『カッコイイ〜キャーキャー♡』じゃない何か惹かれるものがあるんだろうと思う…たぶん。

 

とりとめもない話ですみません。

 

 

 

 

 

初めてのツーショ撮影会 at フラリエ その2

やっと場所移動に呼ばれました。

 

移動すると列の先に白いまさるさんが見えました(ここら辺りから軽くパニック)(/−\)

しかも両サイドが田村列と小林列です。他の列の様子まで見えるなんて聞いてなかった←

しかも田村氏(たぶん休憩明け)が、予想外に後ろから現れ、『(あなたは)田村(に並んでるの)?田村?』と田村列の方々に顔めっちゃ近づいて確認していたwww 隣の列に居ながら『し、死ぬ…!』と思いました。

 

そして田村列の様子を見ながら、『イチャ営』※ホスト用語で席でいちゃこらする営業スタイルのこと が頭から消えなくなり、小林列の様子を見ながら、『イチャ営と見せかけた友営』※ホスト用語で友営は友達のような営業スタイル を思い浮かべていました。

 

肝心のまさるさんは…? 王様営業? アイドル営業? 見るのも神々しくてじっくり見ていられません(やはりパニック中)。

 

落ち着け、落ち着け私!←

とりあえずスマホと特典券をスタッフさんに渡すこと、荷物を足元に置くこと、1枚はピンショにしてもらうこと、これだけは忘れんな!と心に留めました。

 

私の番が来ました。

スタッフさんに『1枚はピンでお願いします』と言ったら、『ポーズは?』と聞かれたのですが、緊張のあまり何を聞かれてるのかわからず答えられなくて、『ハートですか?ピースですか?』とちょっとイラっとされました(すみません)。『ぴぴぴピースで』並に回答し、いざまさるさんの隣へ。

 

わい『ハートお願いします』

王様『うーい』←ニュアンスです

わい(怖い怖い怖い…脚長い脚長い…顔ちっさい顔ちっさい)

\パシャ/

わい『あの、初めてきました…』

王様『あああ本当?ありがとうね〜』(しみじみと慈愛のまなさし)

\お時間です/

『ありがとうございました』と言ったかどうか記憶になく、剥がしの人が怖くて逃げるように退散してしまいました…。むっちゃ失礼なことしたなーご機嫌損ねてないかなーと気になりました。

 

王様の『あああ』の声が、予想していたより3オクターブくらい低くて、『え?喉とか痛いんですか?』と心配になってしまった。

こういう時って握手を求めても良いのかもわからなくて、握手せずに帰ってきてしまったことをものすごく悔やんだ。もっと自列を確認するべきだった(かなり浮かれていたことを反省します)。

 

こうして滞りなくツーショ撮影は終了したが、写真フォルダを直視することができず、フラリエのお花の写真を何枚か撮って、いきなりフォルダを開けてもびっくりしないようにしておいた。

 

最初で最後のはずが、『次はもっとスムーズに臨みたい!』『もっと緊張せず楽しく会話したい!』などと、次は向けて前向きな気持ちになっていた←

 

こうしてオタクライフが始まって続いてゆくのですね…。

 

しかし、すぐ隣をボイメンちゃんが通っていくのに、誰も駆け寄ったり追いかけたりギャーギャー騒いだりしない。すごいです。

ジャニヲタだったらたぶんフラリエのお花は踏み散らかされて、木は何本か折れていそうですよ。あと列の後ろから隠し撮りする輩とかいそう。

このまったり感のんびり感が良いなぁとも思いました。

 

あと、並ぶのは全然苦になりませんでした。だって嵐の物販とか5時間待ちとかですよ(私は嵐ファンではないですが)! B’zも昔はCDとかDVD購入の先着100名に直筆サイン色紙がもらえるという企画があって、明け方の暗いうち(始発またはそれ以前)から列に並んで、物販が14時とか15時とかで、サイン色紙がもらえるのが終演後っていう、『苦行』みたいなことがありまして、でも並べば確実にもらえるから並んでましたwww(現在はクジ引きによる抽選方式)

 

しかし無事に終了できて感謝しかないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのツーショ撮影会 at フラリエ

まだボイメン界隈のシステムがよくわかってない&赤子がいる私は、曲がわからない・ペンラの振り方がわからない・ヲタ芸(掛け声?mix?)がわからない・持ち物がわからないのないない尽くしのため、ライブはハードルが高すぎてまだ飛び込めませんでした。

 

ツーショ撮影会なら、曲を知らなくても・ペンラを振れなくても、行ける?! さらに、ツーショ撮影で満足したら、気持ちが落ち着くかもしれない。または、ツーショ撮影でめっちゃ嫌な思いをしたら、気持ちが冷めるかもしれない(どんなネガティヴ思考だよ)。

 

…という訳で、DVD購入時に付いてきた特典券によるツーショ撮影会に参加することにしました。

 

後世まで語り継がれるであろう『修羅リエ』が私の初現場だったのです。

 

DVDは武道館ライブと映画の2作品が対象で、私はどちらも1本ずつ購入しました。

 

2枚の特典券をどうするか…とても悩みました。人生で最初で最後(になるかもしれないとこの時は本気で思っていた)、衣装はチョコレートプリンスの白王子。

1枚ずつ2人に行くことも考えましたが、並ぶシステムがわからない私には危険すぎる!ということでやめ。午前と午後で1枚ずつなんていったらどんだけフラリエに滞在せなあかんのか?!ないない。

 

2枚を1人のメンバーに突っ込むことにしました。

 

としたら、やっぱりリーダーにご挨拶だよね!

 

気持ちを固めてあとは根回し(子のお世話など)。

 

当日、集合時間少し前にフラリエに着くと、私の目の前に女子がどんどん並んでいくのが見えました。流れでそこに並びました(笑)間違ってたら抜ければいいやーという軽い気持ちです。だけど初めてのボイメン現場に緊張and浮かれ気味で、でも初めて来た人感をできるだけ悟られたくなくて、挙動不審でした(いつもです)。

 

結果、その流れは正解で、特典券をメンバー別の券に引き換えるのに並んでいました。

 

よくわからないまま列に並ぶこと…およそ1時間半くらいだったと思います。その間、列の整理のためフラリエの中をたくさん歩かされましたが、庭園のため、日陰もあり、お花も咲いていて、少し暑かったけどそれほど悪くない環境でした。

引き換え窓口で券をもらうとき、ゆーちゃむが通りかかりました(たぶん休憩明け)。

『ハーイ☆みなさまごきげんよう☆ゆーちゃむだよ☆』(ニュアンスです)本物のゆーちゃむは、テレビや写真のそのまま、修正なし← キラキラ王子様で、お目にかかれて大変光栄でした。

 

個別の集合時間まで1時間以上時間があり、とりあえず、大須商店街に避難してお茶していましたが、ソワソワ感は収まらず、ただじっとしていました(体力温存)。

 

さて個別の集合時間少し前にフラリエに戻ったものの、個別の列がどれだかわからない! 引き換え列は終わってるはずなのに、フラリエに女子が停滞しているというか、みんなじっと止まっている(ように見える)のはなぜ?!

 

わからないまま、あてもなくフラリエ内を歩きました。どこへ並べば良いのでしょう(;_;)?迷子です。

 

フラフラしていると、ラミネートされたA4くらいの紙を持っている人が!近づいてみると、『小林豊』の文字が!これが個別の列だー!しかし先頭なのか最後尾なのか? こっそりと観察していると、後ろに並んだ人にラミネートを渡している!

私も早くリーダーラミネートを見つけねば!

おお!よく見ると、ラミネートを頭上に掲げてくれてる人もいる!

あったー!リーダーラミネート

持っているお姉さんに声をかけ、ここに並べば良いと確定。これで私は写真を持って戦場から生きて帰れる…。

またひたすら並びました。1時間から1時間半くらいだったと思います。

並んでいるとだいたい列の把握ができてきました。女子が停滞しているように見えたのは、そこから20人くらいずつ、撮影場所に移動の指示があるので、指示まではじっと待っているからなのでした。

ファンの年齢層は幅広くて、子連れの人も男性もいたし、1人で3〜4人子どもを連れている猛者もいました。私も列に並んでも良いんだと思えました(あまりに浮いていたら帰ろうかと思っていた)。

 

やっと撮影場所に移動です。

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記いろいろ…推しを決める

※あくまでも何にも知識がない状態で見た感想なので、お気を悪くされたら本当に申し訳ありませんがご容赦ください。

 

☆忍者ボイメンくん☆

ぼーいぼーいボイメンくん♪で腰を振る振り付けがあるが、お客さんがキャアー♡っとなってて新鮮だった。KAT-TUNとかはもっとエグいのがあるので(^^; あ、稲葉さんもかwww

軽くエイトレンジャーを思い出す。

忍者でコントとかやったら良いと思う!

 

☆チョコレートプリンス☆

王子!まさに王子!全員が王子!

白スーツときたら「ホストの誕生日」が定説ですが、ホストっぽいのじゃなくて良かった! プリンス感が薄まるもん。

 

☆水野勝☆

そんなこんなでまさるんを見るのに悪戦苦闘しながら思った。

目をシパーっとさせるとこが好き(´∀`)

これは熱男・ソフトバンクの松田選手を彷彿とさせます。

 

何頭身かっちゅうくらいスラーーーっとしたスタイル。長い学ランが似合う(*´∀`*)

 

リーダーっぽくないリーダーだなぁと思った。曲中でめっちゃセンターという訳でもないというか、ボイメン全体がセンターを置かない配置?みたいな感じに見えた。

 

そして最後に、俊くんの『まさる!お前だよ!』でまさるんの涙腺が決壊するところ…予想外すぎて、私の涙腺まで決壊してしまった(;_;)

気を張ってたんだね…。がんばってたところをみんなは見てくれてるんだよ…。

その頃の自分が、産後のメンタル弱ってる時期なので、余計に涙腺が緩みまくり、自分に重ねまくり、泣きながら私は水野推しを決めた瞬間でした。

あと何はなくともとりあえずリーダーからご挨拶しておこうという謎の律儀さも発揮されました。

 

こうして武道館ライブがオタクライフ再始動のきっかけとなりました。

 

 

 

ミリ知ら…のようなもの 誠編

CSで武道館ライブを見た時までのまっさらな気持ち

 

本田剛文

弓道推してくれるのがめっちゃ嬉しい(学生時代に弓道部でした)。本ちゃんに弓道のお仕事が来るように全力で応援したい!

武道館のライブ会場を眺めた時、少しも浮かれることがなくて、冷静に箱の分析をしていた姿を見て、なんてすごい子なんだろう!と思った。

 

土田拓海

決まらない王子…まさに私の求める人物像ではないか!

しかし目が2個しかない私は、つっちーがキラキラスイッチが入るかどうかを初めて見ただけでは確認できなかった(;_;)

学ランの丈とか、ズボンの型が、ヤンキータイプじゃなくて、「めっちゃ普通」と思ってしまった(^^;

 

☆勇翔☆

ゆうぴんを見て思い浮かぶのが、嵐の大野くん。もの静かなんだけど、全体を見ていそうな感じ。ボイメンの入口は違う人で、深く知っていくと勇翔くんにハマる人が居そうだな〜って思いました。

 

平松賢人

ザコンを前面に押し出してファンが減らないかとおばちゃんはハラハラしている。

笑顔がキラキラすぎて眩しい。とても眩しい。

写真の角度がとても重要。これはたむたむにもつっちーにも言える。面長族の宿命。

 

吉原雅斗

見た目韓流アイドルっぽい。めたくたスタイルが良い。

まちバルの大西敬子さんのモノマネが衝撃的(そんなのやるキャラに見えなかったからギャップ萌え)

目にかかるほどの前髪が気になる。本人がおでこ出したくないそうだけど出しても全然良くない?